CLOSE
当社の手数料について

業界最低水準の安価な料金体系業界最低水準の安価な料金体系

当社は、仲介手数料は適正であるべきと考えています。現在の大手仲介会社の手数料体系は「中小企業のM&A」と謳いつつも、ある程度大きな取引金額を前提としたものになっており、最低報酬2000万(調剤薬局のみ2500万円)といった成功報酬は1、2店舗の薬局のM&Aにはそぐわないものになっています。

これは売り手からすると非常に大きな負担ですから、もし多少高く売れることがあったとしても、手数料まで勘案すると大きなマイナスということになります。

一方買い手からの目線でみても、仲介手数料が安い会社の案件のほうが、売り手に対する提示額を高くすることが出来るため大変有難いということになります。

手数料が安ければ売り手にとっては手残りがその分多くなり、買い手にとっては投資金額を抑えることが出来ます。差額はなるべくその後の事業運営のための投資や従業員のモチベーションアップのために使って頂きたいと考えております。 

当社では薬局様向けに、非常に判りやすくシンプルで業界最低水準の安価な料金体系を採用しております。

業界最低水準の安価な料金体系

●譲渡側

店舗数
報酬額
1店舗のみの場合
無料
(遠隔地の場合には出張交通費のみご負担いただきます。)
2店舗以上の場合
500万円(固定)
店舗数
1店舗のみの場合
報酬額
無料
(遠隔地の場合には出張交通費のみご負担いただきます。)
店舗数
2店舗以上の場合
報酬額
500万円(固定)

●譲受側

内容
報酬額
最終契約締結時(中間金)
100万円
クロージング時(成功報酬)
1店舗あたり500万円
(ただし、対象薬局が小規模な場合については300万円をベースにご相談)
内容
最終契約締結時(中間金)
報酬額
100万円
内容
クロージング時(成功報酬)
報酬額
1店舗あたり500万円
(ただし、対象薬局が小規模な場合については300万円をベースにご相談)

※いずれも消費税別途

譲渡側無料の理由譲渡側無料の理由

当社では売買額がそう大きくならない1店舗の売り手オーナー様からは手数料を頂きません。もちろん手数料を頂かないからといって、一生懸命動いてくれないのでは?とか譲渡条件が買い手主導になってしまうのでは?といった心配は無用です。

当社の場合、優良な譲渡案件については、ほとんど複数競合の中で条件を競っていただきます。候補先企業より提示される金額等の条件面や安心して任せられそうかどうかといった点を比較検討して頂いて、最終的に売り手オーナーが納得されたお相手に譲渡していただくことになります。

調剤薬局のM&A市場の状況は例えるならば、転職希望の薬剤師と同じようなものでしょうか。先々は判りませんが、今のところは引く手あまたの中から自分の希望条件に合うところを選べるという状況です。

業界最低水準の安価な料金体系

当社に買い手としてご依頼いただいている企業は上場している大手、準大手薬局チェーン様から未上場の中堅、中小薬局チェーン、中小薬局様に至るまで数多く(100社以上)ございます。

薬局の規模感、エリアによって相応しい相手(=強い興味を示す相手)は違ってきます。
永年かけて構築してきた買い手候補先ネットワークを持っており、その中からエリアや規模感に加え、経営者の人柄や社風等まで考慮して、売り手オーナーの意向と合いそうな企業(数社~10社程度)に絞り込んで打診を行っています。

業種特化しています。